Blog

次の制作に向けて

個展後、私の絵を見たことで雨が好きになったとか、水溜まりに興味が湧いたとか言われます。共感できる嬉しさを味わいつつ、ボチボチでも描く意味があると感じることができ、凝りもせず水鏡シリーズ水溜りの絵を描いています。

美しさを共有できた祖母から、ありとあらゆるところに八百万の神様がいると言われ育ったので、もしかして水溜まりにもその神様がいて、だからこんなに惹かれるのかしらと思ったりもしましたが、これは私の妄想癖のなせる技ですね。

水は様々に姿形を変えて、私達に色々な影響をもたらします。先月、台風19号が日本各地に甚大な被害をもたらしました。被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。テレビで流れる被害映像を見るたびに、水溜りの絵で楽しんでいて良いのかと複雑な気持ちになります。水たまりの神様?生ぬるいなぁ…自分の浅はかさを実感し悶々としています。

水の本質って何⁈もっと深い理解が必要だと思いました。

ありがとうございました

原宿のdotcom space tokyoでの個展にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

手前味噌になりますが、会場のカフェにも季節にもしっくりと似合う展示だったと思います。

SNSだのみの告知だったにもかかわらず、西は福岡、東は仙台からもご来場いただき感激いたしました。

そして、お店の方にとても親切にご対応いただき感謝申し上げます。

場所柄か、お店にはファッショナブルな若い女性が多く、果たして私の絵に興味が沸くのだろうかと思いましたが杞憂に終わったようです。

10年振りの個展でしたが、学ぶことが多く励みにもなった展示でした。

また個展が出来るように、制作に勤しもうと思います。

展示のお知らせ

原宿のdotcom space tokyo で展示させていただけることになりました。

大きな開口部から庭が見えるので、地下とは思えない広がりがあり、落ち着いた美しい明るさの空間です。

 

会期  2019年6月22日(土)〜 28日(金)
時間  10:00 – 19:00
会場  dotcom space tokyo(原宿駅徒歩3分/渋谷区神宮前1-19-19 地下1F)

梅雨の季節に因み、全て雨絡みの作品です。

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

コーヒーも勿論美味しいですが、トーストも絶品です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

◆dotcom space tokyo
dotcom spaceはデザインやテクノロジーなど様々な点(dot)を世界中のたくさんの人たちに愛されるコーヒーを通して繋ぐことによって、異なる分野の人が集まり、繋がって、新しいコミュニケーションやクリエイティビティを生み出し発信する場所になる事を目指しています。お客様一人一人、そして新たなコンテンツがdotとして加わっていくことで、有機的にかたちを変え、広がっていく場となることを期待しています。
https://www.facebook.com/dotcomspaceTokyo/
https://www.instagram.com/dotcomspacetokyo/

展示のお知らせです

今年も、両国のショットバーに展示いたします。

期間 2019年6月2日(日)-6月16日(日)

会場 -108 –トウハチ

営業時間 17:00〜23:30(土曜日 定休日)

住所 東京都墨田区緑2-17-2 TKビル1F

JR両国駅東口より徒歩8分

大江戸線両国駅A5出口より徒歩5分

お店の壁面に、小さめの作品を数点展示させていただきます。
落ち着いた素敵なお店です。
お酒の他に喫茶もありますので、お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

よろしくお願いいたします。

Notice of exhibition

I will exhibit it at the art fair.

14ème SM’ART 2019 – Salon Méditerranéen d’ ART Contemporain d’ Aix-en-Provence

period:May 16, 2019〜May 20, 2019
Venue:PARC JOURDAN Aix-en-Provence

It will be exhibited at the “NFF” booth set up in the special mini pavilion “Espace Cezanne”.

展示のお知らせです

ル・サロンに出品します。

雨の景色シリーズです。

 

Art en Capital / LE SALON2019

Grand Palais (Av. Winston Churchill 75008 Paris)

2019年2月12日〜17日 11:00〜19:30(初日は17:00〜22:00まで)

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

どうぞよろしくお願いいたします。

最近制作中のモチーフ

最近、マルセイユ港の夕暮れを描いています。

5月に偶然遭遇し、とてもとても感動した風景です。

最初は、こんなにキレイなものをわざわざ絵にする必要はないんじゃなかろうか、この感動は自分の中に大事に取っておこうと考え、作品にするつもりはありませんでした。こんなに美しいものを描ききれるのかしらとの思いもあります。

私が、最近取り組んでいる題材は「雨の景色」です。雨に濡れた地面に、別世界の様に映し出された景色を表現したくて模索し、その景色にとても心引かれるのは何故なのかを追求しています。

美しい港の夕暮は、その追求しているテーマとは全く異なるものだと思っていましたが、よく考えてみると、風景が水面にガッツリと映り込んでいました。

あれ?関係あるかも!と言うことで、マルセイユの海を描いています。

 

 

 

 

展示のお知らせです

恵比寿のGALLERY D AND Eさんにて、南仏のスケッチを販売します。

たくさんの方の様々な絵が並ぶA4ミニアートバザールです。

よろしければ、ぜひ足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南仏のスケッチ

5月に行った南フランスの印象深かった風景を、水彩でスケッチしてみました。いくつかUPします。

セザンヌのアトリエの入口。ピンクの扉が可愛くて印象的でした。

2階のアトリエに差し込む光は、セザンヌの絵画から受ける印象と全く同じでした。セザンヌが生きていた時代に行ってきたような気がしています。

 

 

セント・ビクトワール山に登頂後、下山途中の中腹から山を振り返って見たところです。

不安定な空模様の日で、雷雲の雲間から差す日差しが山の斜面を照らし、壁面の白い石灰岩がドラマチックに輝いていました。そして、山頂の大きな十字架が小さく見えて、ついさっきまであそこにいたんだと思うと不思議な気がしました。至る所に野生のハーブが生えていて、タイムやローズマリー、レモングラスの香りを楽しみながらの登山でした。

 

マルセイユ港の夕日。

マルセイユ到着初日に見た港の夕日が、あまりにも美しくて感動し、3日連続で夕暮れの海を見に行きました。刻一刻と移り変わっていく空と海の様子をうっとりと眺め、海風に吹かれながら暗くなるまで波打ち際に身を浸し、夕暮れからブルー・モーメントそして夜の帳が下りるまで地中海を堪能しました。マルセイユは、治安が悪くて暗くなる前にホテルに引き上げなかればならないだろうと思っていたのですが、緯度の関係かこの至福の時間が長く続き、日没が遅いので、深夜まで街中をうろつく結果となりました。

 

 

エクサンプロバンスのサン・ソーヴール大聖堂(Cathedrale St. Sauveur)の壁に掛かっていた十字架。この教会は、5世紀から17、18世紀にかけての長い年月をかけてつくられているので、様々な建築様式が取り入れられています。重厚な歴史の重みを感じる教会で、至る所が凝っており、とても趣がありました。

他のスケッチも、そのうちお目にかけることができたらいいなと思っています。